うえだクリニック

  • 〒532-0013大阪市淀川区木川西2-6-3
  • 電話アイコン電話番号

MENU

ブログ

Blog

先日、院長である私は、自分の弟に書類を手渡すため、弟の職場へ出向いた。

弟は、現在東邦幼稚園できく組の先生をしている。

(+事務系の仕事もこなしている)

ちょうど、休み時間だったらしく、たくさんの小さな子供たちが、私を出迎えた。

私にぶつける、その出迎えのエネルギーたるや、凄まじく、

“”晃先生のお兄ちゃん??” ”晃先生と似てないー”

“うえだクリニック知ってるー”などと、全力で叫ぶのだ。

そのあふれる生命力は、宝石のように輝いている。

ときどきTVなどで、動物たちの生態をドキュメントする番組をよく見るが、

そんなものとは桁違いの、凄まじい生命の力が目の前で、文字通りぴょんぴょん躍動している。

弟と園児の様子からは、大人と子供の間ではあるが、確かな絆のようなものが感じられた。

少し、確かめてみようか?といたずら心が沸き、

“私はちっちゃい頃、ついつい弟をいじめたりしてました”と告白したところ、

間髪入れず、”何やてー、あかんやん!!” ”晃先生、可哀想–“など

もの凄い反響が返ってきた。

ああ、こんな小さい子たちでも、いじめはアカンって、ちゃんと解ってるんやな。。

と感動を覚えたが、教室の中では、もうすでに私は悪役であった。

すぐに弟の周りに小さな子供のバリケードが作られ、

兄である私を近づけないようにする小さな宝石たちがいた。

ああ、弟は幸せな職場で働いている。と感慨にふけっていると、

1人の勇気ある男の子が、”晃先生のお兄ちゃんは、悪い子なので、教室の外に

連れていきます”と私を教室の外に誘導していた。

“弟と東邦幼稚園の園児たちに幸あれ”と祈りつつ、私は小さな子の

なすがままにともに教室を後にした。

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ