院長紹介

Doctor

医療を通じて、地域の方々に笑顔になっていただく
我々の関わる全ての人々の心に、温かな火を灯す

皆様、こんにちは。私はこの淀川区木川の土地で生まれ育ちました。

その後医師となり、大阪市立総合医療センターや大阪市立十三市民病院で専門性の高い消化器診療に加え、軽症から重症の患者さんの診療にも従事して参りました。しかし十三市民病院に勤務してから、進行がんで発見される方のあまりの多さに驚きました。
胃がん・大腸がんは早期発見・早期治療で命が助かる可能性の高い病気です。地元の私にとって、親類の方が、がんになったような心苦しさを感じるとともに、もっと内視鏡検査を早く受けていただければ、、と思っておりました。このためうえだクリニックでは、鎮静剤を用い、眠った様な状態で胃・大腸内視鏡検査を受けていただきたいと考えております。内視鏡機器は最新のものを用い、経鼻内視鏡検査も行いますので、地域の皆様がより内視鏡を受けやすい環境を整えたいと考えております。
また潰瘍性大腸炎やクローン病の方々は、学業や仕事を持ちながら病気と付き合っておられます。当院では通院しやすいよう、土曜日や夜診などでも対応させていただきたいと考えております。またクリニックではありますが、IBDの専門診療として、免疫調節剤や抗TNF-α含めた生物製剤にも対応させていただきます。

もちろん、地域の方々にご高齢の方が多いのは理解しております。ほんの小さな不調や、高血圧・高脂血症・糖尿病といった生活習慣病や予防接種等、ささいな症状でもお気軽にご相談ください。
われわれうえだクリニックは、医療を通じて地域の方々に笑顔になっていただくこと。我々にご縁のある方の心に、温かな火を灯すことを理念に掲げております。かかりつけ医として、地域の皆様に信頼されるクリニックを院長含めスタッフ一同目指して参ります。

院長上田 渉
うえだクリニック院長 上田 渉
ベストドクター

2016-2017、2018-2019、2期連続で
「Best Doctors in Japan」に選出。

"Best Doctors in Japan"とは、医師が「自身または家族の治療を、自分以外の誰に委ねるか」という質問に対して、一定以上の評価を得た医師のみが"Best Doctorsin Japan"として認定されます。
現在、世界でベストドクターとして認定されている医師が約53,000名。そのうち約6,500名(2018年5月現在)が日本の医師です。

経歴

大阪市淀川区木川で生まれ、木川南小学校卒業

1986年 大阪教育大学附属池田校舎卒業
1992年 香川大学医学部卒
1992年 大阪市立大学医学部第3内科研修医
1998年 大阪市立大学大学院(細菌学)卒 医学博士号授与
2000年 大阪市立十三市民病院 内科
2002年 大阪市立総合医療センター 消化器内科
2007年 大阪市立総合医療センター 消化器内科 副部長
2010年 大阪市立十三市民病院 消化器内科 副部長
2015年 大阪市立十三市民病院 内視鏡センター長
2018年11月 うえだクリニック開院

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本内科学会(認定医 総合内科専門医)
  • 日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医、本部評議員、近畿支部評議員)
  • 日本消化器病学会  (専門医、指導医、近畿支部評議員)
  • 日本大腸肛門病学会 (専門医)
  • 難病指定医