日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医による大腸ポリープ・大腸がんの早期発見・早期治療のための大腸内視鏡検査

このような症状・お悩みございませんか?

  • 排便時に出血がある、便に血が混在している
  • 検診で便潜血反応が陽性と言われた
  • 貧血を指摘されたり、急激な体重減少がある
  • おなかの調子が悪い(腹痛、腹部膨満感など)
  • 便通異常のある方(便秘、下痢、便が細い)
  • 過去に大腸ポリープがあった
  • 血縁者が大腸がんになった
  • 40歳以上の方で大腸内視鏡検査を受けたことがない

上記にあてはまる方は

一度、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
受けることをおすすめします

まずは診察を!お電話またはWEB予約が可能です!

診療時間

9:00~12:00
16:00~18:30

休診日:日曜・祝日

内視鏡検査

8:30~9:00
13:00~15:30

休診日:日曜・祝日

お電話でのご予約・お問い合わせ 06-6195-8955

お電話でのご予約・お問い合わせ 06-6195-8955

自動音声電話でのご予約 050-5213-5164

自動音声電話でのご予約 050-5213-5164

事前診察 WEB予約

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)とは

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は、肛門からスコープを挿入し、大腸内を直接観察することにより、どのような異変がどの程度まで起きているのかを正確に把握することが可能です。
例えば「血便が出た」、「下腹部が痛い」、「常にお腹が張っている」といった異常を感じた際に、消化管内ではどのような異変が起きているかを問診のみで正確に判断することは極めて難しいと言えます。原因を早期に特定し、正しい治療を行うためにも、大腸内視鏡検査は非常に重要な検査であるということができます。
検査を受けるのが怖いという恐怖心から、異常を感じていても受診を先延ばししてしまう方も多くいらっしゃいますが、消化管の病気には恐ろしい病気も数多くあります。
不安を抱えながらも検査を受けることが出来ていない方は、まずは一度お気軽に当院へご相談下さい。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)で
見つかる病気

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(クローン病)、潰瘍性大腸炎、大腸憩室症、虚血性腸炎 などなど多岐にわたります。

大腸がん

大腸がん

大腸の一番内側にある粘膜に発生するがんです。 良性のポリープが大きくなり、がん化して発生するものと、粘膜の正常な細胞が直接がん細胞に変化して発生するものがあります。

大腸ポリープ

大腸ポリープ

大腸粘膜の一部がイボ状に盛り上がり隆起した形状を表す総称のことで、良性や悪性のものがあります。

感染性腸炎

感染性腸炎

細菌・ウイルス・寄生虫などの病原体や毒素が腸管に感染することで発症す る疾患のことです。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

若年者から高齢者まで幅広くみられる、大腸粘膜にびらんや潰瘍を起こす病気です。主な症状は繰り返す粘血便(粘液と血液が混じる便)です。

クローン病

クローン病

口から肛門までの消化管、すなわち食べ物の通る道に慢性の炎症を起こす病気ですが、多くは小腸や大腸に起こります。

大腸憩室症

大腸憩室病

大腸腸管壁の一部が腸管内圧の上昇などによりクレーター様に腸壁外に凸状に突出した状態のことを指します。大腸カメラや腹部CT検査で偶然発見される事が多い疾患です。

虚血性腸炎

虚血性腸炎

大腸の血管が一部つまってしまい大腸壁に炎症や潰瘍が現れる病気です。大腸の左下あたりの下行結腸を中心に血流が低下して腹痛や下痢、血便の症状を引き起こします。

大腸メラノーシス

大腸メラノーシス

大腸刺激性下剤(アントラキニン系)を長期にわたって飲み続けた結果、大腸の粘膜に色素が沈着し、黒っぽくなった状態の事を言います。

当院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
9つの特徴

当院の医師は、大腸内視鏡(大腸カメラ)にまつわる確かな技術と豊富な経験を持ち、苦痛の少ない大腸内視鏡検査が可能となっております。
また、最新機器と少量の鎮静剤を組み合わせることで、大腸内視鏡検査が苦手な方や、初めてで不安な方でも安心して検査を受けられるようにしています。

特徴1

鎮静剤使用で
苦しくない検査が可能

特徴2

院内で
下剤の服用が可能

特徴3

全例内視鏡専門医・指導医の
院長が対応

特徴4

診断症例が豊富

特徴5

日帰り
大腸ポリープ切除が可能

特徴6

胃カメラと同日検査が
可能

特徴7

リカバリー室を完備

特徴8

高性能な
内視鏡システムを導入

特徴9

内視鏡消毒システムを採用
感染対策の徹底

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

大腸内視鏡検査は腸内をスコープで直接観察する検査ですので、下剤により腸の中をきれいにする必要があります。
検査時間は通常15分程度ですが、腸の長さや状態により個人差があります。
大腸検査の流れは次の通りです。

検査予約

Step1検査予約

大腸内視鏡検査をご希望の場合は、事前に外来を受診していただきます。
医師による診察後に検査の予約をお取りいただきます。
服用中のお薬を確認させていただきます。(お薬手帳をお持ちの方は持参ください)

検査前日

Step2検査前日

食事は通常通りで構いません。夕食は20時までに軽めに済ませてください。
就寝までに通常の内服薬、お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。

検査当日

Step3検査当日

  • 常用している薬は検査予約時の指示通り服用してください。
  • 糖尿病の方は、検査当日の朝の薬は服用しないでください。
  • お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。
  • 検査30分前までに来院し、診察券・承諾書を出し、受付をしてください。
  • 排便状態の確認をします。(最終排便の性状を確認し、検査が正しく行える状態かを判断します。5-10回の排便により、便の性状が透明で黄色の水様になれば大丈夫です。)

検査開始

Step4検査開始

大腸内視鏡検査の時間は、13:00-15:30です
検査着に着替えます。(貴金属類は外してください。)
ストレッチャーに横になり鎮静剤を注射しリラックスした状態で検査を行います。
検査実施(所要時間15分程度)

検査終了・ご説明

Step5検査終了・ご説明

  • 検査終了後は休んで頂いた後に、医師より結果の説明があります。
  • 鎮静剤の薬を使用した場合、検査後1日車・バイク・自転車の運転は出来ませんのでご了承ください。
  • 検査時に組織の検査を行った場合、当日のアルコール・刺激物の摂取はお控えいただいております。詳しくは検査後に看護師より説明がありますので、ご確認ください。
  • 検査時にポリープ切除を行った場合、1週間アルコールを控えて頂く、重労働をしない、重たい荷物は持たない、遠方への出張・旅行はお控えいただく等の制限がございます。
    詳しくは看護師より説明がありますので、ご不明な点がありましたらお尋ねください。

まずは診察を!お電話またはWEB予約が可能です!

診療時間

9:00~12:00
16:00~18:30

休診日:日曜・祝日

内視鏡検査

8:30~9:00
13:00~15:30

休診日:日曜・祝日

お電話でのご予約・お問い合わせ 06-6195-8955

お電話でのご予約・お問い合わせ 06-6195-8955

自動音声電話でのご予約 050-5213-5164

自動音声電話でのご予約 050-5213-5164

事前診察 WEB予約

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の費用・料金

初再診料・前処置薬剤・血液検査 2,500-4000円
大腸内視鏡検査のみ 約5,000円
病理組織検査(追加費用) 個数、部位により異なります 5,000-12,000円
合計 7,500円-18,000円
大腸ポリープ切除術(日帰り手術) 20,000-30,000円
  • 1割負担の方は上記の3分の1程度とお考えください
  • ただし、鎮静剤など使用薬剤により若干異なります。ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
一番上に戻る