うえだクリニック

  • 〒532-0013大阪市淀川区木川西2-6-3
  • 電話アイコン電話番号

MENU

ブログ

Blog

コロナの世界

院長の上田です。

コロナは、日本人の社会様式そのものにも影響を与えましたが、

日本人の心、そのものにも暗い影を落としている気がします。

買い物でレジに並んでいても、多くの人が前の方との距離を取るようになりました。

しかし列で並んでいるときに、自分の真後ろに距離を取らずに立たれると、

ゴルゴ13とは言いませんが、違和感を感じるようになりました。

街中でマスクを忘れると、早くこの場を立ち去りたいという衝動にかられます。

スポーツも入場者数が制限され、なんとなく暗い気分になります。

コロナがあぶりだす、日本社会の長所、短所がいろいろなところで語られます。

 

日本では新型コロナにかかると、

そのことが罪悪のように語られることがあります。

感染症は、普段ではうかがい知れない、人間の心、その他様々のものを

浮かび上がらせます。

コロナは我々に、問いかけます。

「あなた方は、発熱患者さんを診ますか?」と

うえだクリニックでは、発熱患者さんは受診前に電話いただくようお願いしています。

我々のクリニックは、

1:(時間的区分け)

通常診療の方と診察時間を分けて、〇時△分ごろ、来院してもらえますか?

とお願いしています。

2:(空間的区分け)

通常の待合室ではなく、隔離室で待機くださいと指示しています。

発熱患者さんの診察には、フェイスシールド、マスク、ガウンで対応しています。

しかし、大きな疾病の力には、人の力が無力に感じることがあります。

はやく、ワクチン、治療薬ができることを心から渇望します。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ