うえだクリニック

  • 〒532-0013大阪市淀川区木川西2-6-3
  • 電話アイコン電話番号

MENU

ブログ

Blog

長良橋

院長の上田です。

最近といっても、実は6月の大阪で開催されたG20からですが、

時々自宅からクリニックまで自転車で通っております。

走行距離約7Kmですが、長良橋を通過するとき、

さわやかな風を感じるとともに、淀川の大きさも実感いたします。

長良橋は、実は“キジも鳴かずば撃たれまい”という故事と関連があるといわれています、

飛鳥時代、長柄橋(現在の長良橋とは異なるようですが、同じ名前です)に橋を架ける

ことが難しく、ついには人柱を立てることになりました。

現在の吹田市の長者・巌氏に相談したところ、

「袴に継ぎのある人を人柱にしなさい」と答えたようですが、

なんと!巌氏自身の袴に継ぎがあり、あろうことか本人が人柱にされたのです。

長者の娘は、父親が人柱にりショックで口をきかなくなりました。

嫁いだ先でも、一言も話さないので、実家に帰ることになり、

夫とともに実家に向かっていました。

その時に一羽の雉が声を上げて飛び立ったのです。すかさず夫は弓で雉を射止めました。

それを見た娘は「ものいわじ父は長柄の人柱 鳴かずば雉も射られざらまし」と詠みました。

それから妻は口をきけるようになり以後仲良く暮らした。とのことです。

娘は幸せになりましたが、

私も父親なので、この話を聞くと、自分が人柱にされそうで、少し複雑です。

こんな歴史があるとは、恐るべし長良橋!

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ