うえだクリニック

  • 〒532-0013大阪市淀川区木川西2-6-3
  • 電話アイコン電話番号

MENU

ブログ

Blog

夏の風物詩??

院長の上田です。

 

夏になると昔は、幽霊特集や心霊写真特集などがありました。

今回は、私が実際に体験した話です。

①私は、小学校3年生の時に祖父を胃癌で亡くしました。

祖父は胃癌で入院していましたが、余命幾ばくかといわれていた夏のある日、

私の住居の門扉が急にガタン、ガタンと大きな音をたてました。

皆で、誰か来たのかな、、、と門を見ましたが誰もいませんでした。

その直後に病院から、祖父が亡くなったと連絡がありました。

家族は、祖父があいさつに来たのかな、、と話していました。

②そんな私も医師になり、大学院生時代、日中は研究をし、夜は地域

の医療機関で当直業務をこなし、何とか糊口をしのいでおりました。

18時に某病院に当直勤務のため到着すると、看護師さんから、

“Aさんが今夜あたり危ないかもしれませんので、診察をお願いします。”

と申し送りを受けました。

私は、その患者さんのところに訪れました。

意識はなく、呼吸も微弱でした。身寄りはなく、救命処置は希望されない

とのことでした。

その後仮眠を取っていた時、

夢の中で、

先ほどのAさんの顔が天井から私の方へ近づいてくるのがわかりました。

怖くはなかったのですが、ガバッとベッドから起き上がった直後

当直室の電話が鳴り、Aさんが急変しました。との連絡がありました。

Aさんは、私に知らせに来たのかもしれません。

医療従事者のなかでは、結構、不思議な体験をされている方が多いです。

私の場合、不思議な体験でしたが、恐怖はありませんでした。

皆さんも、何かありますでしょうか?

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ