大腸カメラ

Large intestine camera

大腸カメラ

下記に該当する方は大腸内視鏡検査を受けましょう

  • 排便時に出血を認めたり、便に血が混在している
  • 検診で便潜血反応が陽性
  • 貧血を指摘されたり、急激な体重減少がある
  • おなかの調子が悪い(腹痛、腹部膨満感など)
  • 便通異常のある方(便秘、下痢、便が細かい)
  • 過去に大腸ポリープがあった方
  • 血縁者が大腸がんになった方
  • 40歳以上の方で大腸内視鏡検査を受けたことがない方

大腸内視鏡検査とは

大腸カメラ検査

大腸内視鏡検査は、通称「大腸カメラ検査」と言われます。
肛門からスコープを挿入し、大腸内を直接観察することにより、どのような異変がどの程度まで起きているのかを正確に把握することが可能です。
例えば「血便が出た」、「下腹部が痛い」、「常にお腹が張っている」といった異常を感じた際に、消化管内ではどのような異変が起きているかを問診のみで正確に判断することは極めて難しいと言えます。原因を早期に特定し、正しい治療を行うためにも、大腸内視鏡検査は非常に重要な検査であるということができます。

検査を受けるのが怖いという恐怖心から、異常を感じていても受診を先延ばししてしまう方も多くいらっしゃいますが、消化管の病気には恐ろしい病気も数多くあります。
不安を抱えながらも検査を受けることが出来ていない方は、まずは一度お気軽に当院へご相談下さい。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

1鎮静剤使用が可能

大腸内視鏡検査は「痛い・苦しい」というイメージが強いですが、当院では鎮静剤を使用することで苦痛を最小限に抑えて検査を受けて頂くことが可能です。

2院内下剤対応可能

大腸内視鏡検査を受ける際には、大量の下剤を飲む必要があります。この前処置が大変ですが、当院では看護師が見守りながら下剤を服用して頂きます。

3全例内視鏡
専門医が対応

当院の大腸内視鏡検査は、内視鏡学会指導医である院長が全例対応します。

4診断症例が豊富

当院は大腸の腫瘍性病変から感染性腸炎、潰瘍性大腸炎・クローン病など、他院で診断がつかなかった症例を多数診断し、治療を行っています。

5日帰りポリープ
手術が可能

大腸内視鏡検査の際にポリープが見つかった場合でも、当院ではその場で切除することが可能です。(※当院で対応できない症例については、基幹病院をご紹介します。)

大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査は腸内をスコープで直接観察する検査ですので、下剤により腸の中をきれいにする必要があります。
検査時間は通常15分程度ですが、腸の長さや状態により個人差があります。
大腸検査の流れは次の通りです。

検査予約
1検査予約

大腸内視鏡検査をご希望の場合は、事前に外来を受診していただきます。

医師による診察ののち予約
服用中のお薬の確認(お薬手帳をお持ちの方は持参ください)

検査前日
2検査前日

食事は消化が良く大腸に残りにくい食事を朝、昼、夕と摂取して結構です。
ただし夕食は20時までに済ませてください。
お水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。

検査当日
3検査当日
  • 常用している薬は検査予約時の指示通り服用してください。
  • 糖尿病の方は、検査当日の朝の薬は服用しないでください。
  • お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。
  • 検査30分前までに来院し、診察券・承諾書を出し、受付をしてください。
  • 排便状態の確認をします。(最終排便の性状を確認し、検査が正しく行える状態かを判断します。5-10回の排便により、便の性状が透明で黄色の水様になれば大丈夫です。)
検査
4検査
  • 検査着に着替えます。(貴金属類は外してください。)
  • ストレッチャーに横になり鎮静剤を注射しリラックスした状態で検査を行います。
  • 検査実施(所要時間15分程度)
検査後
5検査後
  • 検査終了後は休んで頂いた後に、医師より結果の説明があります。
  • 鎮静剤の薬を使用した場合、検査後1日車・バイク・自転車の運転は出来ませんのでご了承ください。
  • 検査時に組織の検査を行った場合、当日のアルコール・刺激物の摂取はお控えいただいております。詳しくは検査後に看護師より説明がありますので、ご確認ください。
  • 検査時にポリープ切除を行った場合、1週間アルコールを控えて頂く、重労働をしない、重たい荷物は持たない、遠方への出張・旅行はお控えいただく等の制限がございます。詳しくは看護師より説明がありますので、ご不明な点がありましたらお尋ねください。
大腸内視鏡検査の時間は、13:00-15:30です。
6大腸内視鏡検査の時間は、13:00-15:30です。

大腸内視鏡検査の際にポリープが発見された場合には、事前に同意をいただいた方には、その場で内視鏡的にポリープを切除したいと考えています。また大腸がんが疑われたりする場合には、組織を採取し詳しい検査を行います。このため抗凝固薬や抗血小板薬などの血液をサラサラにする治療をされておられる方は事前にお知らせください。分からない方は、ご相談いただければこれらの薬を休止する期間について説明いたします。

大腸内視鏡検査の費用

初再診料・前処置薬剤・血液検査 2,500-4000円
大腸内視鏡検査のみ 約5,000円
病理組織検査(追加費用) 個数、部位により異なります 5,000-12,000円
合計 7,500円-18,000円
大腸ポリープ切除術(日帰り手術) 20,000-30,000円
  • 1割負担の方は上記の3分の1程度とお考えください
  • ただし、鎮静剤など使用薬剤により若干異なります。ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大腸内視鏡検査の予約

大腸内視鏡検査を受けて頂くには、一度当院にて事前に受診をして頂く必要があります。
検査をご希望の方は下記予約システムより診察のご予約をお取り下さい。